99.99%によせられる、厚い信頼。


トピックス

貴金属ニュース

  • RSS

2020年8月3日9:00【金】反発

 31日のニューヨーク金市場は、前日から$20.50値を上げて$1962.80で取引を終了した。外国為替市場において、対ユーロでのドル安基調が継続。割安感から買い注文が先行。また、発表されたユーロ圏域内総生産(GDP)速報値が過去最大の落ち込みを記録し新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気の悪化への懸念も安全資産とされる金の買いを誘った。

2020年8月3日9:00【プラチナ】反発

 31日のニューヨーク白金市場は、前日から$6.30値を上げて$918.90で取引を終了した。

本日の地金相場

更新

 発表

(税込価格:円)

  小売価格
(前日比)
買取価格
金 (g)
()
プラチナ (g)
()
銀 (kg)
()

過去の相場情報はこちら

ページの先頭へ