相場情報


相場ホット情報

2006年より、当社の資材購買担当者がお送りしました貴金属コラムです。
連載は2018年3月掲載分をもって終了しました。
長年にわたりご愛読いただき、誠にありがとうございました。

コラム一覧

2011月7月11日

早くも真夏のような暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。今回は4〜6月の貴金属相場の動向を振り返ってみましょう。 まず4月は中東・北アフリカ情勢の緊張が続き、さらに欧州の財政不安が再燃。その結果、安全資産として金に買いが...

続きを読む

2011月6月13日

毎年この時期に取り上げる話題と言えば、プラチナウィーク。今年もロンドンに行って参りました。まず、英ジョンソン・マッセイ社(以下JM社)の年次レポート『PLATINUM 2011』から、昨年のプラチナ・パラジウム市場の動向を見ていきたいと思い...

続きを読む

2011月5月 9日

前回は今年1〜3月の貴金属相場の動きを振り返り、3月末時点では、「金・プラチナはほぼ年初と同水準、パラジウムはやや下、銀だけが大きく上昇」という状態になっていました。4月はプラチナ・パラジウムが伸び悩む中(特にパラジウムは今年最も有望視され...

続きを読む

2011月4月11日

東北地方太平洋沖地震の発生から一カ月が経ちました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。 今回は年初からの貴金属相場の動きを振り返ってみたいと思います。なお、グラフについてはもう少し期間...

続きを読む

2011月3月14日

財務相から昨年の貴金属輸出入通関統計が発表されました。まず輸入から見てみましょう。 (表1)日本の貴金属輸入量 単位: トン 2009 2010 前年比 主な輸入先 金(Au) 17.3 18.6 +8% 香港・米国・台湾・シンガポール 銀...

続きを読む

2011月2月14日

当社の地金にはグッドデリバリー(以下GD)認定のマークが刻印されています。GD認定はロンドンの2団体が行っており、金・銀はLBMA(London Bullion Market Association:ロンドン地金協会)、プラチナ・パラジウム...

続きを読む

2011月1月11日

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 昨年は欧州のソブリンリスクや米国の金融緩和・財政赤字、それに伴うドル安、新興国でのインフレ懸念など様々な要因によってドル建て金価格が史上最高値を更新しました。銀・プラチナ・パ...

続きを読む

2010月12月13日

英ジョンソン・マッセイ社より、プラチナ・パラジウム市場に関する中間レポートが発表されました。 プラチナは9トンの供給過剰 自動車触媒需要は増加(ディーゼル車の販売回復)。工業需要はガラス・エレクトロニクス・化学などの分野が堅調。 宝飾需要は...

続きを読む

2010月11月 8日

先月は英国の貴金属調査会社GFMS(ゴールド・フィールズ・ミネラル・サービシズ)によるセミナーが都内で開催されました。私も参加してきましたので、今回はそこでのプレゼンテーションから、いくつかポイントをピックアップしてみたいと思います。このイ...

続きを読む

2010月10月12日

自国通貨は安いほうがいい? 金価格は連日の最高値更新となり、1300ドルを突破*1してなお先高感が増しているようにも思います。主な要因はドル安です。米国経済が思うように回復せず、米連邦準備制度理事会(FRB)が追加的な金融緩和を実施するの...

続きを読む

ページの先頭へ