相場情報


相場ホット情報

2006年より、当社の資材購買担当者がお送りしました貴金属コラムです。
連載は2018年3月掲載分をもって終了しました。
長年にわたりご愛読いただき、誠にありがとうございました。

コラム一覧

2012月5月14日

4月の貴金属相場は米国の追加金融緩和観測が後退したことに加え、中国の景気減速懸念などによりさえない展開が続きました。欧州の先行きも依然として不透明です。スペインが債務問題の焦点となりつつあるほか、フランス大統領選挙の行方やオランダの内閣総辞...

続きを読む

2012月4月 9日

年初からの上昇基調が一服し、3月の貴金属相場は売り買いが交錯する展開となりました。下がったところでは安値拾いの買いが入ったものの、全体としては失速気味という印象です。米国では、前月末のバーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言、雇...

続きを読む

2012月3月12日

東日本大震災の発生から1年が経過しました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災地の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 2月の貴金属相場は前月からの流れを引き継ぎ、上昇基調となりました。ギリシャへの第2次支援が決定され...

続きを読む

2012月2月13日

1月の貴金属相場は上昇が続き、昨年12月の下落分をすっかり取り戻しました。欧州の債務問題の先行きは依然として不透明であり、ギリシャ支援策をめぐる協議も引き続き行われていますが、現在は一応小康状態となっているようで、ユーロ高・ドル安傾向が貴金...

続きを読む

2012月1月10日

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。2011年は欧州債務問題の行方に不安を抱いたまま年末を迎え、貴金属相場も12月はさえない展開が続きました。ただ、通年では(先月も申しました通り)金の一人勝ちとなりました。 ...

続きを読む

2011月12月12日

2011年も暮が近づいてきました。昨年は銀とパラジウムが大きく上昇しましたが、今年は金の一人勝ちで年を終えそうです。年初と11月末のニューヨークの価格を比較してみると、次のようになりました。 金:1,422.60ドル→1,745.50ドル(...

続きを読む

2011月11月14日

10月は欧州債務危機をめぐる協議の方向性や株価、ドル相場などを眺めて売り買いが交錯しましたが、下旬にかけては買いの動きが強まり、金は再び1700ドルを突破。銀も金につれ高となり、30ドル台半ばまで上昇しました。プラチナは9月の急落後に買い戻...

続きを読む

2011月10月11日

先月の貴金属相場は後半にかけて暴落となりました。世界的に景気減速懸念が強まっており、欧州の債務不安も収まるどころか拡大の気配さえ感じられます。そうした中、株価の大幅な下落などで発生した損失を補てんするための「換金売り」が金相場に殺到したので...

続きを読む

2011月9月12日

例年、金相場のパフォーマンスは夏場に低調となる傾向がありましたが、今年はどうやらいつもと違うのではないかとの気配が6月頃から出てきました。 まず6月はドル高や原油安に圧迫されながらも、ほぼひと月に渡って1500ドル台前半を維持(月末に一時1...

続きを読む

2011月8月 8日

米国の債務上限引上げをめぐる狂騒、くすぶり続ける欧州の財政不安……金相場は8月に入り一時1684.90ドルに達し、史上最高値を更新しました。ただその後は欧米の株価暴落に伴い、貴金属相場は全面安に。金よりもプラチナ・パラジウムの方が大きく値を...

続きを読む

ページの先頭へ