相場情報


相場ホット情報

資材担当の田中が、時に様々な分野をまたいでお送りする貴金属コラムです。

コラム一覧

2013月1月15日

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。今回は、昨年1年間の貴金属相場について振り返ってみたいと思います。2012 年は強弱材料が交錯し、レンジ内での推移に留まりました。 年初と年末のNY価格は次のようになりました。...

続きを読む

2012月12月10日

先月、LBMA/LPPMのカンファレンスが香港で開催されました。今年の参加者は約700名と昨年のモントリオール*1(約500名)を大幅に上回り、過去最大規模となりました。銀行、トレーダー、鉱山会社、精錬業者、加工業者、中央銀行など参加者の顔...

続きを読む

2012月11月12日

9月には欧・米・日と相次いで追加金融緩和が発表され、貴金属は堅調に推移していましたが、10月後半以降は欧州債務懸念や低調な米企業決算、株安、ドル高などを受けて下落に転じました。さらに、11月2日に発表された米雇用統計が市場予想を大きく上回る...

続きを読む

2012月10月 9日

「追加金融緩和への期待が高まり…」、「追加金融緩和への期待が後退し…」という表現を今年は何度も繰り返してきましたが、9月は欧州・米国・日本の当局が相次いで追加金融緩和に踏み切りました。まず欧州中央銀行(ECB)が6日に南欧諸国の国債買い入れ...

続きを読む

2012月9月10日

7月以降の貴金属相場は夏休みに向けて市場参加者も少なくなる中、各国金融当局が追加緩和に踏み切るのではないかとの思惑から売り買いが交錯し、ほぼ横ばいで推移してきました。しかし、8月後半から南ア鉱山ストの拡大が懸念され、プラチナが急伸。パラジウ...

続きを読む

2012月8月20日

LBMA(London Bullion Market Association:ロンドン地金協会)が四半期ごとに発行している「Alchemist」*という機関誌があるのですが、その最新号(67号)のトップに「Gold Vault at the...

続きを読む

2012月7月 9日

ロンドンオリンピックの開幕まで約3週間となりました。5月にロンドンを訪れた際はあまりオリンピックの雰囲気は感じられず、しいてそれらしきものを挙げるとすればトラファルガースクエアのカウントダウン時計ぐらいでしたが、開幕直前の市内はどのような様...

続きを読む

2012月6月11日

今年もロンドンでのプラチナウィークに参加してきました。毎年5月の第3週、PGM関連企業・業界団体が主催するランチやディナーがいくつも開催されます。その間に各社個別のミーティングも入りますので、プラチナウィークの参加者の多くは「ミーティング→...

続きを読む

2012月5月14日

4月の貴金属相場は米国の追加金融緩和観測が後退したことに加え、中国の景気減速懸念などによりさえない展開が続きました。欧州の先行きも依然として不透明です。スペインが債務問題の焦点となりつつあるほか、フランス大統領選挙の行方やオランダの内閣総辞...

続きを読む

2012月4月 9日

年初からの上昇基調が一服し、3月の貴金属相場は売り買いが交錯する展開となりました。下がったところでは安値拾いの買いが入ったものの、全体としては失速気味という印象です。米国では、前月末のバーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言、雇...

続きを読む

ページの先頭へ