99.99%によせられる、厚い信頼。


トピックス

貴金属ニュース

  • RSS

2014年10月31日9:00【金】急落1200ドル割れ

ニューヨーク商品取引所30日の金塊先物相場は、前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明内容を受けて早期利上げ観測が強まり下落、前日比$26.20安の$1198.10で取引を終了した。昨日取引終了後の声明発表を受け時間外取引から下げていたため大幅下落での開始となった。声明内容がタカ派的に受け止められ、米早期金利引き上げ観測を強めている。本日発表された米第3四半期の国内総生産(GDP)も予想を上回る良好な内容だったことから、利上げへの警戒感をさらに強めることになり節目抵抗線となっていた1200ドルを割り込んでいった。ただ一方では売られ過ぎ感も強く買戻しがみられ、引け後は時間外で1200ドル辺りでのもみあい模様。

2014年10月31日9:00【プラチナ】大幅下落

ニューヨーク30日貴金属市場のプラチナ相場は前日比$22.60安の$1247.40で取引を終了した。良好な米GDPや好決算を好感して株価の上昇が支援材料にあったが、金相場の急落がダメージとなり連れ安。

本日の地金相場

更新

 発表

(税込価格:円)

  小売価格
(前日比)
買取価格
金 (g)
()
プラチナ (g)
()
銀 (kg)
()

過去の相場情報はこちら

ISHIFUKUモバイル

携帯電話からでも地金相場情報を確認できます。

ページの先頭へ