99.99%によせられる、厚い信頼。


トピックス

貴金属ニュース

  • RSS

2015年8月3日9:00【金】上昇

ニューヨーク商品取引所31日の金塊先物相場は、米労務省が発表した第2四半期の雇用コスト指数が低調となり、米利上げ観測後退を受けた買いに上昇、前日比$6.50高の$1094.90で取引を終了した。雇用コスト指数は市場予想を下回り伸び率が鈍化して9月の米利上げ観測を後退させた。これを受けた対ユーロでのドル軟化を眺めて買戻しを強め反発、一時は1100ドルを上回る水準まで上昇した。

2015年8月3日9:00【プラチナ】反落

ニューヨーク31日貴金属市場のプラチナ相場は前日比$4.90安の$985.00で取引を終了した。一時は金相場の上昇に連れてしっかりしたが、株式市場の軟化が圧迫して反落。

本日の地金相場

更新

 発表

(税込価格:円)

  小売価格
(前日比)
買取価格
金 (g)
()
プラチナ (g)
()
銀 (kg)
()

過去の相場情報はこちら

ISHIFUKUモバイル

携帯電話からでも地金相場情報を確認できます。

ページの先頭へ