99.99%によせられる、厚い信頼。


トピックス

貴金属ニュース

  • RSS

2016年12月6日9:00【金】反落

ニューヨーク商品取引所5日の金塊先物相場は前日比1.10ドル高の1174.00ドルで取引を終了した。イタリアの国民投票では反対が賛成を大きく上回る形で憲法改正案は否決され、その直後にレンツィ首相は辞意を表明した。投票結果を受けて、ユーロは対ドルで約20ヶ月ぶりの、そして金は約10ヶ月ぶりの安値をつけた。しかし、憲法改正案の否決は市場予想通りで、すでに織り込み済みであったこともあり、その後ユーロも金も安値から反発した。金は一時1160ドルを割ったが、後に下げ幅を縮小し、小幅安で終了。

2016年12月6日9:00【プラチナ】続伸

ニューヨーク5日貴金属市場のプラチナ相場は前日比5.90ドル高の938.60ドルで取引を終了した。金に連れて下げたが、ダウ工業株30種平均が最高値を更新したりと、堅調に推移した欧米株式市場や原油高を好感し、プラス圏に浮上。

本日の地金相場

更新

 発表

(税込価格:円)

  小売価格
(前日比)
買取価格
金 (g)
()
プラチナ (g)
()
銀 (kg)
()

過去の相場情報はこちら

ページの先頭へ