99.99%によせられる、厚い信頼。


トピックス

貴金属ニュース

  • RSS

2014年8月20日9:00【金】続落

ニューヨーク商品取引所19日の金塊先物相場は、良好な米経済指標を受けたドル高やウクライナ情勢のリスク後退観測を背景に下落、前日比$2.60安の$1295.10で取引を終了した。発表された7月の米住宅着工件数が前月比15.7%増と8か月ぶりの高水準となり、外為市場ではドル高が進行。また地政学的リスクでは、26日にロシアのプーチン大統領とウクライナのポロシェンコ大統領を交えた欧州連合代表の会談が開かれることになり、ウクライナ情勢をめぐる懸念後退への期待となっている。市場は米連邦公開市場委員会議事録とイエレンFRB議長の講演を控えて調整模様。

2014年8月20日9:00【プラチナ】続落

ニューヨーク19日貴金属市場のプラチナ相場は前日比$6.70安の$1439.50で取引を終了した。ウクライナ情勢の地政学的リスク後退からロシア制裁に対する懸念も後退してパラジウム相場を中心に弱含んだ。

本日の地金相場

更新

 発表

(税込価格:円)

  小売価格
(前日比)
買取価格
金 (g)
()
プラチナ (g)
()
銀 (kg)
()

過去の相場情報はこちら

ISHIFUKUモバイル

携帯電話からでも地金相場情報を確認できます。

ページの先頭へ