99.99%によせられる、厚い信頼。


トピックス

貴金属ニュース

  • RSS

2015年8月31日9:00【金】反発

ニューヨーク商品取引所28日の金塊先物相場は、前日比10.70ドル高の1133.10ドルで取引を終了した。経済シンポジウムが開催されるジャクソンホール(米ワイオミング州)でのテレビインタビューにて、ミネアポリス連銀のコチャラコタ総裁がインフレ目標に達するまで何年もかかるとの見解を示し、更なる追加緩和の検討を示唆した。このハト派発言を受けて金の買いが強まったものの、フィッシャー米連邦準備理事会(FRB)副総裁がここ数週間の市場ボラティリティや中国の景気減速を指摘した上で9月利上げの結論を出すには時期尚早とのコメントを示し、9月利上げの可能性を排除しなかったことから、金は上値を抑えられる結果となった。

2015年8月31日9:00【プラチナ】続伸

ニューヨーク28日貴金属市場のプラチナ相場は、前日比15.70ドル高の1021.70ドルで取引を終了した。金相場に連れて上昇。

本日の地金相場

更新

 発表

(税込価格:円)

  小売価格
(前日比)
買取価格
金 (g)
()
プラチナ (g)
()
銀 (kg)
()

過去の相場情報はこちら

ISHIFUKUモバイル

携帯電話からでも地金相場情報を確認できます。

ページの先頭へ